鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

夢のマイホーム【土地売買編】【図面作成編】

こんにちは。
業務管理部の脇田です。
本年もよろしくおねがい申し上げます。

新型コロナウィルス感染症が流行してもうすぐ1年になりますね。
ワクチンの開発も進んではいますが、日本だけでなく世界的に見ても日ごと感染者は増加しています。
みなさまもお気をつけください。

さて、前回の記事にて土地も決まった、ローン会社も決まった、となり本格的におうち作りに進んでいきます。
先行して土地の売買契約から始まります。
売主・買主・仲介業者の挨拶、重要事項の説明(1時間半ほどひたすら読み合わせでした…)、各種書類への署名捺印、頭金の支払い、などなど…全体で2時間〜2時間半くらいかかりました。
ただ、全ての手続きが終わった際にやっと家づくりか始まっていくのか…!とワクワクしたのは覚えています。

その後ハウスメーカーさんにて地盤の調査と測量を行い、結果をもとに図面を作成していきます。
図面を作成するまでには、ハウスメーカー探しで見つけた気に入った間取りや内装を参考にしたり、Instagramでオシャレなおうちの記事を見たりと理想の住まい方への思いを膨らませました。
その理想の住まい方の数々(夢)と予算(現実)を事前にハウスメーカーさんにお伝えし、原案をもとに何度も推敲を重ねていきました。

9A090E9F-D4C7-48FB-A62F-6313084298EF

打ち合わせはだいたい2週間に1回ペースで行い、3ヶ月ほど時間かけ、打ち合わせと打ち合わせの間の2週間はメールでのやり取りもしました。
我が家の場合は「長期優良住宅」の認定や省令準耐火構造での設計を依頼していたため、間取りの縛りが多少あったり、申請に時間がかかり施工開始が遅くなったりもしました。

ここで「長期優良住宅」とは…長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅のことです。
認定には費用負担が必要で、長期優良住宅にした場合、住宅ローン控除・不動産取得税・登録免許税・固定資産税など税金の優遇措置を受けることができます。
また、項目によっては地震保険料が通常の木造住宅より安くなります。
費用が発生しますが、税制面・家計面(保険料)で考えると、私としてはオススメしたいところです。

だいたいの図面が出来上がった後、費用総計を算出して土地と共に決済をしました。
ローン会社によっては「つなぎ融資(=建物の引渡しまでローンの支払いは金利分のみで良い」を使える会社もあります。

今回はいよいよおうち作りの根幹が完成いたしました。
次回は内装・外装の決定と施工に入っていきたいと思います!

ゆく年くる年

法人事業部 津田です。

 

今年は新型コロナウィルスの影響でいつもとは違う1年でしたね。

すぐに元通りとはならず、新しい生活に慣れる必要があり、皆我慢の一年だったと思います。

 

“変化”への体性が低い私はなかなか慣れる事が出来ず苦戦の年でした。緊急事態宣言に在宅勤務、子供も休校となり外出自粛。非対面、非接触など変化を上げたら切りがありません。私も公私ともに変化の年となりました。来年はより健康に楽しく過ごせるようにしたいと思います。

 

さて、仕事のお話も。

毎年健康診断を受けられていると思います。こんな気になる数字を聞いたことがあります。

飲酒や運動不足で色々な数字も気になりますが医療関係のお客様から「コレステロール値に気を付けて!」とアドバイスをいただきました。理由は総コレステロール値が100を切るとがんを発症する可能性がすごく高いとの事です。高いのも不安ですが低すぎる事もリスクとなります。

良い加減となるよう気を付けなければ。

 

もし数値が下がって来たら・・・

ご相談ください!

皆様よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。
thumbnail_IMG_1133

人新世とは?

皆様こんにちは!

FPの澁谷です。

今年も残すところあと10日余り、いかがお過ごしですか?
今日は庭掃除をしていて考えたことを書いてみます。
野菜や花を育てていると近年、劇的に気候が変わったと肌で感じます。
8月に咲いていたタマスダレは8月は暑すぎて9月に咲く。
日本水仙は枯れてしまい西洋水仙だけが生き残る。
そして写真のトマトと万願寺唐辛子は12月なのに収穫できる
今年は数年ぶりに台風被害に遭わなかったので紅葉が綺麗に色つきました。
紅葉の赤とトマトの赤が庭を彩る12月・・・やはり変です。

そしてラジオで耳に挟んだ<新人世>という言葉が頭をよぎりました。
<新人世>とは超簡単に説明すると地質学上で人類がハビコッタ時代を言うそうです。
具体的には諸説あるものの18世紀後半産業革命が始まって、その後大量生産大量消費グローバル化が
進み人類が最強の捕食者として地球の隅々まで影響をもたらした時代ということです。
「え!!そんなに地球に影響与えてるかな??」と思いませんか?
確かに気候は変わってきてるけど海を見ると広いし日本は自然豊かな国に見えるしピンとこないのでは・・・・・
必要なのは視点の転換だと気が付きました。
例えば【リンクコンサルティングのFPとして】とか【鎌倉人として】とか普段はとても狭い範囲の一人称でものを
感じ考えてるなと思ったんです。
私には人類としての自分という視点が欠如しているのです。
人類75億人が一人一年に30㎏づつ魚を食べると、海の魚がすべていなくなるとか。
今や地球上の哺乳類の60%が人間が飼育した哺乳類で、35%が人間で、残り5%が野生の哺乳類とか。
バイデン時期大統領はパリ協定に復帰するとか。
SDGsもあり入ってくる情報は激増してます。
まず人類としてにの視点を持って<人新世>から勉強してみようと12月収穫の甘いトマトを食べながら思いました。
12月ブログ写真


QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...