鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

異常気象

FP事業部 津田でございます。

梅雨が明けてしまいましたね!
関東甲信越地方の6月の梅雨明けは初めての事なんですね。
外出がある身としては汗かきの季節。キツイ時期です。

最近は風も強く、風災事故が起こっております。
強風でドアが自宅壁にぶつかり凹んだり対象事故も多々あります。

そんな中 地震の発生確率の見直しが入りました。
関東は真っ赤!来年の地震保険保険料改定も頷けます。
入ってて良かった地震保険。一度検討されてはいかがでしょうか?
リンクコンサルティングでは地域の皆様に「必要な補償を」「的確にご案内」することをモットーに、現在は地震保険の普及に努めております!

地震発生確率と震度予測マップ[2018年版]
https://www.teguchi.info/disaster-control/earthquake-hazard-map/
上記サイトより関東地方の地震確率 なんと千葉県千葉市は全国一確立が高く85%!!
地震確率分布図

地震保険改定

6月18日に発生した大阪北部地震で犠牲になられた方、被害にあわれた方々に改めてお悔やみ、お見舞いを申し上げます。約2週間が経ちまだ不便な生活を送られている方も多くいらっしゃるかと思います。一日も早い復興、再建をお祈りします。
さて、リンクコンサルティングではこの春より自分たちの仕事で「地域にどのような貢献できるか」を考え、全てのお客さまに地震に対する補償の必要性をお伝えし、地震保険等に未加入の方へは積極的なご案内をさせて頂いております。
代表者である私も東日本大震災以降宮城県七ヶ浜町という町にご縁を頂き7年間で50回程度の訪問をさせて頂きました。その中でやはり感じたのは生活やお仕事を再建させるには何かしらの纏まった資金が必要です。

人の気持ちに区切りをつけるには果てしなく時間がかかると思いますが住宅などの財産、事業所の復活には保険という力が大きく役立ちます。全てを保険で賄うことは地震立国日本では難しいのですが、「1歩」を踏み出す大きな力となり得ます。
地震関連の補償では「建物や家財、自動車、お怪我に対するもの、または事業が休業せざるを得ない時に補償されるものや生命保険など様々です。

もちろん、災害に対する身の安全や建物の補強などの備えはとても重要です。私も東北で学んだ事を自分の地域に持ち帰れるような気持ちで過ごしております。先日も新聞社の招きで防災の座談会に呼ばれてきました。

https://www.kahoku.co.jp/special/bousai/pdf/20180511_T-01.pdf

河北新報


いつ起きるかわからない大災害、残念ながら自然には逆らえないのが現実です。




先日地震保険料の料率変更が発表されましたしました。
2019年1月からの改定となります。


https://www.jishinhoken.jp/pdf/jishin_hoken_2019outline.pdf#search=%27%E5%9C%B0%E9%9C%87%E4%BF%9D%E9%99%BA+%E6%94%B9%E5%AE%9A+2019%27





先ずはお1人お1人が安全対策をしっかり準備をして頂き、
その先の備えをお考えいただいてはいかがでしょうか。是非ご相談をお待ちします。
リンククンサルティングはきっと皆さまのお役にたてると信じます。
(有)リンクコンサルティング 中里


地震保険

433C527A-2B36-42BE-A9C9-21A60DAA8C2F


皆さま、おはようございます。業務管理部の日吉です。
今日も曇りですね。初めて曇り空の写真を撮りました。最近雨で肌寒かったり夏のように暑かったりしていますが、体調を崩したりしていませんか?

私の話になってしまうのですが、現在賃貸の戸建てのようなテラスハウスに住んでいます。
この会社に入り火災保険のことを考えた時、家を借りた際に火災保険に入った記憶がなかったのです。おかしいなと思い調べたところ、主人の勤務先の会社が賃貸借契約、建物の火災保険に加入はしてくれていました。が、家財保険には加入していないことが発覚。さすがに家財保険まではかけてくれませんよね(^^;
てっきり入っているつもりでおりましたので
気づけて良かったです。週明け出社したら早速、家財保険(地震保険付き)で加入したいと思います。最近地震が多く心配だったのです。

家財保険には加入しても、うちには高価なものは置いてないからと地震保険を控えるお客様も多いのですが、地震大国の日本に住んでいる限り、どこに住んでいても地震の心配はつきませんね。。。

生活再建のための一時金確保のため、万が一の備えとして、ぜひ地震保険への加入をお考えください。

いざというときにお客様をお守りできるよう、弊社は引き続き地震保険への加入をお勧めして行きたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

地震保険(東京海上日動)↓
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/live/jishin/
QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...