鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

【イベント】オクトーバーフェストKAMAKURA 2014

2012年から始まった、オクトーバーフェストKAMAKURA。

2014年の今年も、鎌倉市役所駐車場で実施されます。

日程:
 10月4日(土)12:00~20:00
 10月5日(日)11:00~19:00

OF_KAMAKURA2014











2012年、2013年開催の様子や、2014年度の最新情報など、詳細は、オクトーバーフェストKAMAKURAのFacebookをご覧ください。



    

火災保険が値上がりしそうです。

少し前の話ですが・・・。

H26年7月2日に、損害保険料率算出機構が火災保険の参考純率改訂のニュースリリースがありました。

参考純率とは、保険料を算出するときに損害保険会社が参考にするデータ。
つまり、参考純率が上がると、保険料も上がる可能性が高まります。


今回の発表は2つ。

 ●住宅総合保険の参考純率を平均で
3.5%引き上げる

 ・自然災害の増加   - 台風、強風、ひょう、雪の災害が増えてきた!
 ・水漏れ損害の増加 - 古い建物(老朽化)が増えてきた!

 ●火災保険の参考純率の適用期間を10年までとする。

 ・地球温暖化によって自然災害の将来予測(長期リスク評価)が難しいから!


この発表を受けて火災保険料の値上げ保険期間は最長10年
に踏み切る保険会社が出てきそうです。
来年あたり、火災保険の動向に注目です。


自動車保険も値上がり、火災保険も値上がり、生活するって大変ですね・・・。








地震保険ってみんな入っているの?


火災保険をご説明しているときに良く聞かれる質問に

 「地震保険って皆さん入っているんですか?」

というのがあります。


こんな質問に客観的にお答えできるデータが、損害保険料率算出機構のホームページにおいてニュースリリースされました。

神奈川県では、2013年度中に新規契約された火災保険のうち、56.5%が地震保険にも加入。(全国平均58.1%)
10人いたら5~6人が加入している感じですね。

しかし弊社では湘南地域(津波が心配!)の火災保険契約が多いためなのか、地震保険の付帯率は約90%ほどになってます。東日本大震災の発生前後で皆さんの意識が大きく変わったなと実感しています。

神奈川県の過去5年間の付帯率は下記の通りです。
2009年度 46.6%
2010年度 48.3%
2011年度 53.0%  ※2011年3月11日 東日本大震災発生
2012年度 55.6%
2013年度 56.5%
このように、データでも東日本大震災の年に付帯率がグッっと上がっています。


ちなみに、付帯率が一番多いのは被災地でもある宮城県
2013年度中に新規契約された、85.2%が地震保険にも加入しています。


「他の人が加入しているなら、私も加入する。」
というのは、少し違う気がしますが、今後の参考にしてみてくださいね。

QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...