こんにちは。
BPO事業部の岡田です。

本日は、乳がん検診についてのお話です。

乳がん検診(マンモグラフィー)は、年々受診率が上がってきているものの、
40代~60代の受診率は50%に届いていません。
30代以下の受診率はさらに低いようです。

受診率が伸び悩んでいる理由として、
・痛い
・見られたくない
・忙しい
といったことが考えられます。

ただ、最近では、マンモグラフィーによる検診以外に「新しい乳がん検診」があるそうです。

先日宅建協会支部講習会のお知らせで聞いた話ですが、
・痛くない
・服を着て検診を受けられる
・病院滞在時間1時間ほどで検査自体は15分ほどで終わる
検診とのことでした。

「新しい乳がん検診」は、現在全国20の病院で受けることができ、鎌倉近辺では、湘南鎌倉総合病院で受診できるようです。

2月17日14時~ 鎌倉商工会議所地下ホールにて、今回ご紹介しました「痛くない乳がん検診」に関する講座があります。
参加費は無料とのことでしたので、ご興味のある方はぜひ受講してみてはいかがでしょうか。
※受講方法などの詳細は、添付画像をご確認ください。


2020.02.13.093856-001_page-0001