FP事業部津田です。

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う緊急事態宣言は良くも悪くも働き方改革となりましたね。弊社でも在宅勤務を取り入れてみたり、WEB会議システムによるミーティングなど試みた2ヶ月でした。

 

個人的な感想としては仕事が捗ったり、捗らなかったり・・・

データメイクなど作業的なものは集中して行えるので在宅の方が仕事も進み、次のデータやこんな資料があったら良いななど良い面がありました。また通勤時間なども削減されましたので普段より家事が出来たりと、メリットも!

 

仕事柄FPの業務はお客様とお会いし、会話し、表情を見てなど、電話では伝わらない事もあり戸惑う事もありました。保険会社もWEB会議システムを開放し対面に近い形でご案内が出来るようになったのは進歩だと思いましたが、なかなか変化を受け入れられない自分がいます。また、子供の「今日休み!?何して遊ぶ!?」攻撃には参りましたね。

 

保険の加入チャネルについて調べてみたのですが、平成30年で営業職員さんから加入が53.7%、代理店からが17.8%、ネットなど通販が6.5%と出ておりました。今年の数字はおそらくネットなどが飛躍するのでは?と思いつつ、なおさら我々のような地域密着のFPの重要性が高まり、かつ自らレベルアップすれば存在価値があるのでは?と思う今日この頃です。

変化に柔軟に対応しつつ、進化し続けられる会社となるよう頑張ります!!
zaitaku