鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

堀越 裕子

新年に思うこと

みなさま、こんにちは。業務の堀越です。
本年も宜しくお願いいたします。

早いもので2020年になり既に10日過ぎましたね。

昨年から今年にかけて、カルロスゴーン被告の国外逃亡、アメリカによるイランのソレイマニ司令官殺害およびイランによるイラク駐留アメリカ軍拠点報復爆撃と衝撃的な出来事が多く、不謹慎ですがドラマなのかと思う日々で、報道から目が離せまん。

また、昨年9月から続くオーストラリア森林火災の猛威も止まず、自然災害の怖さを改めて感じています。

今年は東京オリンピックが開催され観戦出来る事が待ち遠しいのですが、いつどこで何が起こるかもわからないので、自身で出来る限りの対策といざという時の心構えだけはしておこうと思う新年始まりでした。

三井住友海上火災が傘下にあるMS&ADホールディングスでは企業の防災減災への取組みに応じて保険料を割引く「防災インセンティブ」制度を2020年中に導入する方針である事が新聞に掲載されていました。
逆に対策が遅れている企業へは保険料の値上げも検討するとの事。

これからは、未病や防災等の未然に防ぐ対策を講じる事が優遇されていく時代です。
何か起こった際に役立つ保険ではありますが、保険を使わないよう事前に努める事も求められる世になりますね。
rat-stamp-year2020[1]

健康増進法

みなさま、こんにちは。
業務の堀越です。


突然ですが、私はアンチたばこです(喫煙者様・愛煙家のみなさまスミマセン)。
昼休憩で外食をする際は全面禁煙のお店を選択しています。

事務所の近くにあります「おでんセンター」は以前まで喫煙可能でしたので、
安くて美味しいのですが行けず・・・。
ですが、現在は昼営業のみ全面禁煙となり通っています。

2020年4月からの改正健康増進法完全施行が待ち遠しいです。(喫煙者の方々は大変ですが・・・)


全国の喫煙率が国立がん研究センターがん情報サービスのサイトに掲載されています。

そこに都道府県別の喫煙率もあり、神奈川県はなんと女性の喫煙率が全国3位と高い結果です。
神奈川県男性は41位と男性の全国平均よりも下回っています。

【喫煙率】
 全国平均男性:31.1%  ・  全国平均女性:9.5%
 神奈川県男性:28.2%  ・  神奈川県女性:10.9%

他のデータも掲載されていますのでご興味ある方は下記URLへ。
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html

リンクの喫煙率をみると男性20%、女性40%で女性の喫煙者が男性よりも多いです。
神奈川県は女性の喫煙率が全国平均より高いというのがわかります。

たばこも嗜好品なので賛否両論ありますが、
美味しい食事とお酒はノンスモークで楽しみたいのが本音です。



新聞記事ネタ

みなさま、こんにちは。
業務チーム 堀越です。
本年も何卒宜しくお願いいたします。

年明け1月1日の読売新聞に東京海上HD社長へインタビューした際の記事が掲載されておりました。
昨今の自然災害多発に伴い火災保険の収支が悪化しており、
2019年秋にも火災保険改定時の保険料について「平均5.5%超えの値上げが必要」と述べられていたそうです。
損害保険料率は損害保険料率算出機構で実際の損害率を基に参考純率を決めています。
その基準が上がった事もあります。

自然災害が多発している要因のひとつに地球温暖化が言われておりますが、
人間が引き起こした温暖化ですので、保険料上昇も致し方無いと考えてしまうのは私だけでしょうか。

また、1月5日の記事には浸水想定区域内に居住している住民が全国で3540万人、20年間で25%UPしたとありました。人口増加率のトップは神奈川県で17.4%、世帯数増加率は神奈川県4位といずれも上位でした。
神奈川県は都心へも近い為、浸水リスクが高いエリアの宅地化が進んでいる事が今回の要因との事です。
便利を追及する事は大賛成ですが痛みも伴うという事も忘れてはいけないなぁと感じました。

年明け早々、あまり楽しい話題ではなく申し訳ございません。
改めて身の回りのリスクに対して考える年始となりました。



水漏れする前に

IMG_9035みなさま、こんにちは。
業務の堀越です。


わが家の浴室の排水口の流れが悪く、
毎週のようにパイプスルーを使用していました。
一瞬少しは解消されるのですが、またすぐに流れが悪くなり困っていました。

もう業者さんにお願いするしかないのかなぁとネットで排水管詰まり解消で検索していたところ、
何やら評判の高い物がヒットしました。
それは「ピーピースルー」という清浄剤です。
早速ネット購入し手元に届いたその日に使用しました。

なんと、1回でスーっとすっきり流れてビックリ!
あんなにしぶとかった詰まりがスッキリ解消されて今では快適に浴室を使用しています。

火災保険ご加入のお客様からよくお問合せいただく内容で、
「排水管から漏水したが保険の対象ですか?」というものがあります。

漏水によって床や壁紙等に損害が発生した場合は保険対象となりますが、
給排水管自体の損害については免責事項になりますので保険対象外となります。

ですので排水管の詰まり解消にかかった工事費用等は保険金請求できません。

そのような事になる前に、
ぜひこの「ピーピースルー」を使ってみてください。
この解消レベルは感動ものです!






ねこもに

みなさま、こんにちは。
業務の堀越です。

わが家のニャンコちゃんも5月で7歳になりました。わが家は室内飼いで外はベランダまでなら出してあげています。

最近の飼い猫事情は室内飼いが多いので、誤って外に出てしまい、迷子になって家に戻ってこれなくなるニャンコちゃんが増えているようです。

そんな中、首輪につけられる発信機とアプリで捜索できる「ねこもに」というものがあるそうです。
その発信機には万が一捜索になった場合の費用を補償する東京海上日動の保険が自動付帯されているそうです。詳細は下記URLをご覧ください。
 https://nekomoni.com/detail/insurance.html
 
いろいろなところで保険はかけられており、いざという時に役に立っているのを改めて認識しました。
IMG_8503


QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...