鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

津田 康有

就学援助制度

FP事業部 津田です。

春は出会いと別れの季節。
我が家の息子も4月には小学生となります。

色々と説明会が開かれ今まで知らなかったことも多く発見出来ました。

例えば就学援助制度!

世帯所得に応じて市が支援してくれる制度です。
市役所のホームページなどを確認し申請しますと思わぬメリットが。
*鎌倉市はこんな感じです。

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/gakumu/29_shuugakuenjo.html

ちょっと書き方は?ですが多くの世帯で該当するかもしれません。
一度ご確認あれ。

nyugaku_boy

新年恒例の研修・賀詞交歓会

FP事業部 津田でございます。

今年もよろしくお願い致します。

新年は(私は個人的にバタバタですが)比較的落ち着いているので取引会社様でセミナーなどが多く開催され賀詞交歓会なども行われます。

今回の参加は「社員や部下のモチベーションを上げるためのたった一つの方法とは?」と題したセミナーに参加。
益々リンクメンバーがやる気になりお客様サポート出来るようになるかヒントもたくさんいただきました。

久しぶりに中華街を歩き暖かくなったら家族で遊びに来よう!と思った今日この頃でした。

今年もよろしくお願い致します。

13

保育園落ちた!のブログ

FP事業部 津田です。

 

今年もあと少しとなりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年有名になったブログ、ご存じの方も多いかと思います。

一つ気になったくだりが…

保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど」のところです。

児童手当は鎌倉などですと3歳まで1一人当たり15千円給付されます。所得が高い方の場合(918万円以上 大人2人、子供2人のモデルケース)は5千円となります。

http://jidouteate.com/sinjidouteate1/


個人的な意見ですがブログを書かれた方のご家庭は所得が高い世帯なのかな?と勝手に思ってしまいました。

人それぞれ様々なライフスタイルがあるので一概に言えませんが
①自身のスキルアップ、キャリアアップのため仕事をしたい!(であれば保育園以外もその所得なら選択肢?)
②保育園と言う環境に子供を入れてあげたい!
③親戚縁者が近くにいないので保育園と言う安心出来る環境を選択したい。
など色々あると思います。

色々思うところがあるブログですが意見を言うのも必要ですね。

ブログ記事一つからも児童手当と所得の関係、保育園と保育料など考えてみると面白いですね。

 

○☆ 以下、有名なブログ ☆○

何なんだよ日本

一億総活躍社会じゃねーのかよ。

日見事に保育園落ちたわ。

どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?

何が少子化だよクソ。

子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。

不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。

オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。

エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。

有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。

どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。

ふざけんな日本

保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。

保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ

国が子供産ませないでどうすんだよ。

金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償しろよ。

不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。

まじいい加減にしろ日本
hoikujo_taikijidou

壁の話

FP事業部 津田です。

 

最近ニュースで配偶者控除の上限が引き上げられた事が多く取り上げられていますね。

皆さんはこのニュースどう見ていますか?

103万円を気にせずもっと働いて稼ごう!」でも扶養の範囲内!なんて考えていませんか?

 

配偶者控除の側面で考えると正しいのですが、社会保険制度の側面で考えると130万円の壁』が立ちはだかります。

簡単に言うとご主人の扶養に入り配偶者控除は使えるが、社会保険料(健康保険料、年金保険料)は自身で加入し支払わなければならないと言うものです。

もちろん社会保険、特に社保に加入であればメリットもあります。健康保険の私傷病休職がちゃんと使える、厚生年金になるので老後の資金源もアップするなどなど。

 

働き方一つとっても様々です。来年からは確定拠出年金制度も変わり益々選択肢が増えてきますね。ちゃんとライフプランを考え金融知識を身につけないと思わぬデメリットとなることもあります。個人で考え選択することがメリットにもなり、デメリットにもなるのが現実です。

年末年始も近づいておりますのでご家族にメリットのある方法を相談してみては?

business_senryaku_sakuryaku_man

色々な記事からライフプランを考える

FP事業部 津田です。

今日はいろいろな記事が出ていますね。

例えば…

<医療費>

現役世代並みの収入がある70歳以上の人は医療費の自己負担上限が上がり、新しく75歳になる人は保険料の軽減特例がなくなる。

<年金>

年金の受給に必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が16日の参院本会議にて全会一致で可決、成立。これにより約64万人が新たに支給対象に。

<配偶者控除>

控除対象となる配偶者の年収上限(103万円以下)を130万円か150万円まで引き上げる案で調整。

 

私たちの生活に影響のあることが盛りだくさん。

字面だけ見ていると何だか難しく分かりにくいかもしれません。自分ごととして考えてみると分かりやすくなります。

医療費   : 自分の親の収入だと負担増加?そのまま? 

 → 医療保険などちゃんと加入しているかな?

年金    : 今自分は○年働いているから受給資格があるかな?

        → でもこれくらいしかもらえないから資産運用しよう!

配偶者控除 : もうちょっと妻に働いてもらっても大丈夫かな?

        → 教育費に?それとも老後や今後に向けて貯蓄や運用?

一つの側面だけではなく複合的に考えライフプランを作成して行くとより豊かな物となっていきます。難しく考え過ぎず楽しめるプランを考えてみては!?

family_big

リンクマネーセミナー
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール