鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

脇田 奈実

夢のマイホーム【資金計画編】

みなさんこんにちは。
業務管理部の脇田です。


私ごとですが、実は今年に入って夢のマイホーム計画を着々と実行しております。
我が家がマイホームを手に入れるまでの実録と、AFP取得者として知識が役に立った事など、この場を借りて書き連ねていければと考えております。

今回は住宅購入前の資金計画についてお話させていただきます!
皆様は住宅を購入する際に身近な人やFPなどにご相談されましたか?
私はたまたまFPに相談できる環境があって気軽に相談することが出来たから、というのもありますが、住宅購入は人生で大きな買い物の一つ––––しっかりと計画を立てて購入を決めたいものです。

私の場合まずCFPの澁谷さんに相談させていただきました。
世帯収入や現在の借り入れ、主な生活費などを元に家計の収支明細表を作成します。
それを元に月々の返済の目安から借入可能額を相談していきます。
借入可能額は今の収入でのMAX額ではなく、余裕のある返済計画について丁寧に説明してくださいました。
例えば毎月20万円稼いでいても、基本給10万・残業代10万だったとして、昨今の働き方改革で会社がNO残業を徹底したら…もし月々の返済を10万円くらいで設定していると家計が破綻してしまいます。。
また持ち家は賃貸と違い、固定資産税などの税金もかかるので「家賃と同等の金額で購入できます」と言われて購入しても、結果家賃以上の負担が必要な事が多いですので気をつけたいです。
固定資産税の評価額は、土地であれば役場に行けば閲覧できますが建物は建築後に鑑定人の方がいらっしゃって査定し、実際の払込案内が来ないと分からないようです。

澁谷さんに相談し、数十年先までの見通しを立てて予算を考える事が出来ました。
弊社での相談をご希望の方は是非ご連絡ください!

住宅購入

みなさまこんにちは。
業務管理部の脇田です。

実は今住宅購入に向けて行動している真っ只中です。
不動産屋さんに土地や建売を見に行ったり、住宅展示場で色々な間取りやこだわりを見たり。
実際の建物を見るとワクワクするので、毎週末とても楽しく過ごしています!
そんな楽しい中でも、分からない事や無知なことはたくさんあります。

土地と建物を別個で買う時は、住宅ローンが2本必要なのか?
実際の購入の流れと期間はどれくらいなのか?
住宅ローンって何?
変動とは?固定とは?
変動の切り替わるタイミングは?
親族から購入資金の援助があったらどうなるの?
親や配偶者と共同名義になるとどうなるの?
不動産取得にかかる税金は?またそれはいくらくらい?

AFPを取得してても、机上学習のため実際の知識に結びつける必要がありました。
ひとつひとつクリアにして進めたいと思います。

弊社ではCFP・AFPが常駐しており、こういったお悩みにもお気軽にご相談いただけます。
是非気になることがございましたらご連絡ください。

3A4104AB-F22F-47D5-A616-A8D1135C7425

キャッシュレス時代

こんにちは。
業務管理部の脇田です。

私事ながら、先日無事AFPの資格更新手続きを終えました。
取得したのは2年前。
取得するまで苦節ン年…勉強することが得意でない私としては、資格取得は正に夢のようでした。
ただ取得や更新しただけにとどまることなく、みなさまに貢献できるよう日々努めて参ります!

さて、本日はある日の一コマより。
先日私はうっかり財布を忘れている事に気づきました。
キャッシュカードも無い、会社に小銭を置いているわけでも無い、Suicaの残金も乏しい、会社の方に借りるのも気が引ける、どうしたものか…?
ふと…あれ?LINE Payって使えるんじゃないのか?と思い、すぐさま初期登録を10分程で済ませ、チャージも行い、無事近くの某牛丼チェーン店でお昼ご飯を食べることができました!
数日後LINE Payの残高を確認したところ少し増えている…?
還元期間とキャンペーン期間が重なり、それが自分の思っていたよりも多く手元に戻ってきたので、とても嬉しく満足しました。
それからはだんだん現金で購入するのではなくキャッシュレスを意識するようになりましたし、外出の際の荷物も財布を持たないで出かける事もしばしばあります。
あくまで私が体験した一例ですが、こういったキャッシュレスの時代は決してそう遠くありません。

最近、若い方の飲み会や食事会でこうしたスマホQR決済を使用して割り勘をキャッシュレスで行なったり、交通系電子マネーを使用したガシャポンが出現したりという話を聞いた事があります。

キャッシュレスは不安だ心配だという声を聞く事もしばしばあり、欧米先進国に比べて日本はまだ根強い現金思考があるように感じますが、スマホという身近なツールから少しずつキャッシュレスの利便性や安全性が浸透していくのではないかと思いました。
ただ、浸透していくよりも早くキャッシュレスに対する正しい知識と使い方を身につけておかなくてはなりません。
弊社では経験豊富なCFP・AFPが常駐しており、お金に関する様々な疑問や不安のご相談をさせていただいております。
是非お声かけください。

69EFB508-FBB9-4A85-BE02-E383133CBE93



将来子どものお小遣いやお年玉を現金ではなく電子マネーで渡す日がそう遠くない、いや、もう既に来ているのでしょうか…?

γ-GDP

こんにちは。
業務管理部の脇田です。

リンクでは今年初めに受けはじめた健康診断の結果が各々のもとに届いています。
その中で今リンク的ホットワードホットは「γ-GDP」。
きっかけはある社員の一言…「お酒抜いたり走ったりしてたのに、数値がすごく高かったの!」
社内でも高い者低い者それぞれでした。
γ-GDPとは、肝臓の解毒作用に関係している酵素で、過度な飲酒などにより肝臓や胆管の細胞がこわれると血液中にγ-GTPが血液の中に流れ出てくることから、健康診断ではγ-GTPは肝臓や胆管の細胞がこわれたことの指標として利用されているそうです。
数値の指標として、100を超えたら生活習慣の改善や通院を勧められるそうです。
おおよそ50を超えなければ一応正常とのことですが、ネットによると数値が低い場合タンパク質摂取不足による「低タンパク」の指標にもなり、低タンパクは、やる気が出ない、疲れやすい、むくみやすいといった不調の原因になることがあるそうです。

EDA91055-4E43-40CD-B888-5068E01D6BCC


「あーこの間結果悪かったなー」だけで終わりにせず、病気のしない健康な身体づくりの道しるべとして、日頃の生活習慣の改善に役立てたいものです。

インフルエンザが流行しています

みなさま、こんにちは。
業務管理部の脇田です。

さて、ここ最近猛威をふるっているのがインフルエンザですね。
私の子どもが通う保育園もA型・B型共に罹患の報告が年明けから増えてきました。
弊社では11月から12月にかけて従業員全員予防接種を受けますが、皆さまは予防接種を受けられましたか?
「どうせ予防接種しても…」とお思いになる方もいらっしゃるかとは思いますが、インフルエンザの予防接種は重症化を防ぐ効果もあります。
子どもは抗体を作るために2回受ける必要がありますが、大人も2回受けることができるようで、子どもと同じく抗体を作るため罹患のリスクを減らす事もできるそうです。

ですが予防接種だけでなく、もちろん規則正しい生活やバランスの取れた栄養の摂取、うがい・手洗いは大切です。
またインフルエンザは飛沫感染が主ですが、感染した人が触った物を触って口に入れると感染したりもするため、不特定多数が出歩く所や人混みを避けたり、手指の消毒・マスクの着用も効果的です。
流行期なのでかかってしまうリスクはあれど、そういう時こそ自己体調管理をしっかりしていきたいものですね。

D23FE627-1396-4115-9A90-0C0B2BA98FFA
QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...