鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

脇田 奈実

高座のこころ

こんにちは!
業務管理部の脇田です。

ここ数日暑い日が続いていますね。
明日からはぐずついた天気になるとのこと。
体調管理には気をつけたいところです。

さて、今相模線でこのような広告を見るようになりました、
6CA94891-90C0-4DA9-9457-9F99060F9EB8


何の広告かよく分からず検索。
https://kozanokokoro-samukawa.kanagawa.jp/

私は物心ついた頃から寒川に住んでいますが、本当に寒川大好きなんです!
ちょっとした公園も神社やお寺も、四季折々の姿もとても気に入っています。

そんな地域に貢献するために始めたのがこちら。
43ACBB95-359F-4F58-9EFB-6CBFE39CC011


町政や公共施設に関するアンケートに答える、というものでした。
このお陰で町の広報もよく見るようになりましたし、まだこの事業が始まって1年しか経っていませんが、将来的にこのアンケートの意見が反映されていってほしいなと願っています。

ここ湘南は歴史や風土などアイデンティティを感じやすい地だと思いますが、みなさんは自分の住んでいる土地や人にどれほどの愛情を注いでいらっしゃいますか???

会社の福利厚生制度、どんなものがあるかご存知ですか?

こんにちは。
業務管理部の脇田です。

久しぶりになってしまったので簡単にご挨拶を。
業務管理部の脇田 奈実と申します。
2010年にリンクコンサルティングへ入社。
昨年2017年に念願のFP2級を取得し、AFPになることが出来ました!
趣味は毎日ディズニーのHPを隅から隅まで見漁る事と、週末に1週間分の作り置きをする事。
特技はタイ語を少々と、だいたいのディズニー映画なら挿入歌や主題歌のイントロやセリフを覚えている事。
最近ハマっているものは、スープジャーランチです!
こんな私ですが、主に皆様と接する機会というのはお電話口でしか無いと思いますが、誠心誠意ご対応させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


さて、先日会社の福利厚生を利用して家族でいちご狩りに行ってきました。
20A52680-7752-4AA9-82AD-AE0F7826EE80

神奈川県でいちご狩りと言うと、津久井方面や海老名方面などは有名ですが、今回訪れたのは平塚でした。
平塚も129号線を1本奥に入るといちご園が沢山あります。
私が体験したのは40分7〜8種類食べ放題・練乳おかわりし放題のものでした。
子どもも主人もいちご狩り初体験でしたが、とても楽しんでくれたようです。
もし機会があればもう1〜2回くらい行きたいと思います!


さて、今回はいちご狩りでの福利厚生利用でしたが、皆様はご自分の会社の福利厚生制度を利用した事はありますか?
そもそも、どんな制度があるかご存知ですか?

私は数年前、息子を妊娠している時のつわりが重く、会社を数週間休まなくてはいけなくなってしまった事があります。
そういった時に会社で入っている任意保険からや健康保険から給付を受ける事が出来ました。
その他、慶弔金や各種事業や施設を割引料金で利用したりもします。
社内ではあざといと言われてしまうほどですが(^^;)(笑)
私の主人はそういった制度には疎く、申請をするのが恥ずかしい、申し訳ない、やり方が分からない、面倒だ、と思ってやりたがらない人なのですが、福利厚生制度は私たち勤労者に与えられた権利なので利用しない選択は無いと私は思っています。
ちょっと過激っぽくなってしまったかもしれませんが…。
この制度がより身近に、より活用しやすいものになると良いなと思って今回題材にさせていただきました。

ご自身の会社の福利厚生制度、今一度ご確認してみてください。
そしてぜひ活用してみてください。
ただ、使うだけでなく、この制度が仕事の糧や原動力とよりなって会社に還元出来ると良いなと思いました。

8年生

みなさま、こんにちは。
業務管理部の脇田です。
連日の投稿ですみません。

さて、先日3月21日でリンクコンサルティングに入社して7年が経ちました。
先日自分の誕生日も迎え、節目の歳となりました。
(年齢は…察して下さい)
年数だけ立派に経ってしまいましたが、歳だけいっちょ前に取らないよう、毎年毎年初心を忘れることの無い様、でも日々レベルアップスキルアップしていきます!

先日某有名塾講師の方のテレビ番組を拝見し、その際に「人間の脳は30歳から衰え始める」という言葉が印象的に残っていました。
まだまだ勉強しなくてはならないことが沢山あります。
もう今はいらっしゃらない鹿子島さん(笑)にも沢山認めてもらわなくてはいけません。
自分に時間が無いことを自覚して一つ一つ着実にモノにしていきたいと思います。

リンクコンサルティング8年生。
日本の学校のしくみで言えば、小学校を卒業して中学2年生です。
勉強に部活にといそしまなければいけない時期です。
自分に厳しく、他人にやさしくありたい8年生でした。

写真は先日お誕生日の際に保険会社の担当者様からいただいたプレゼントです。

IMG_4246

FP試験の結果

こんにちは。
業務管理部の脇田です。

最近暖かくなってきましたね。
私も最近花粉を感じてきました。。
産後治ったかな、と思ったら、一時的なものだったようです…(´・ω・`)
一方で朝晩や一時的なは冷え込みは残り、空気も乾燥もするため服装等の調整が難しいです。
皆様も体調お気をつけください。

さて、今日は先日のFP試験の結果のご報告です!
まずは届いた封書。

IMG_4028


うーん、いつもは長3の小さい封筒で来るので、この時点でいつもの様子とは違うというのが分かります。
封を開けると出てきました…

20170318111405000_0001


おめでとうございます!合格でした!
そんなこんなで、苦節6年ほど?ついにFP脇田の誕生です!
これがゴールではなく、培った知識をお客様のために活かし、日々精進していきたいと思います。

みなさま、これからも宜しくお願いします!

教育資金の貯め方いろいろ

みなさま、こんにちは。
業務管理部の脇田です。

そろそろ春の足音が聞こえて来ますね(*´꒳`*)
私は四季の中なら春が一番好きです!

IMG_3101


(写真は昨年のものです)
気候が過ごしやすいですし、ピンクや緑、黄色といった自然の風景の色が気持ちを穏やかにしてくれるような気がしますし、これから暖かくなっていくという気温も気分も上昇していく気持ちが好きです。
昔は花粉症にも悩まされてたのですが、妊娠出産をしてから気にならなくなりました。
みなさまはどの季節がお好きですか?

さて、今日は学資保険の話。
お子様がいらっしゃるご家庭のみなさまは、学資保険もしくはそれらに代替する貯蓄性商品はご加入でいらっしゃいますか?
実は…我が家は入っていません。。
FP会社に勤めてるのに!とお叱りを受けるかもしれません。
言い訳をさせていただくと、私も主人も体況(保険契約の際にご申告いただく入通院や手術、服薬に関する情報)に問題があり加入できていないのです。
息子も来週で2歳になります。
どうにかしなくては!と、すかさず弊社FPへ相談しました。
弊社からは一般的な学資保険・貯蓄性の高い死亡保険・投資信託の3つを薦められました。
それぞれについてどんな商品かお話します。
(既にご存知の方はすみません。)

まず、学資保険。
契約者は親、保険の対象(被保険者)は子どもになります。
親が死亡した時は以後の保険料が必要なくなる商品もあります。
お子様が到達する年齢に○○万円を一時金形式か年金形式で受け取れる、という商品です。
ただ、今はマイナス金利の影響下で多くの保険会社が保険料を上げたり、返戻率(年齢到来時に受け取れる学資金と実際払った保険料との増減率)を下げたりと苦戦しています。
返戻率に関しては100%を切る商品に既になっていたり、これから改定を予定している保険会社も多くあったりするので、入るタイミングは細心の注意を払う必要があります。

次に、死亡保険。
契約者は親、被保険者も親になります。
…あれ?学資なのに子どもが保障の対象じゃないの?と思いますよね。
要は貯められればいいんです。
先程の返戻率が学資保険より高い場合もあります。
学資保険と違うところは、万が一死亡した場合は死亡保険金が出るので、例えばまた新たな貯蓄性商品に入り直す事も可能です。
また、学資保険は使途が「学資金」に限られますが、こちらは使途の限定がありません。
払い出す時期も家庭の事情に合わせる事が可能です。
例えば、急遽高校受験で私立に進学することになった時にであったり、もし仮に学資金として使う必要が無くなったとしても、ずーっと保険を保有して老後の生活資金の一部にしたり、旅行費用に使ったり、万が一のための資金として取っておいたり…と、お金の汎用性が高いです。
ただ、こちらも商品自体の売り止めや保険料UP、返戻率が下がるなどの改定が予定されている場合もあるので、よくお調べください。

最後に、投資信託。
えー投資信託なんてハードル高い…大丈夫なの?安全?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
みなさまが考えていらっしゃるのは「投機的投資」かもしれません。
ん?なんじゃそりゃ?という方、是非弊社FPへご質問ください、分かりやすく丁寧にお答え致します!!
…はい、弊社のPRになってしまいましたねσ(^_^;)
投資信託は様々な種類がありますが、学資保険の保険料と同じくらいの金額で「定時定額積み立て」の商品がございます。
投資信託については、あまり色々書いてしまうと業法違反になり兼ねないので詳しくは書きませんが、学資保険や貯蓄性商品と並んで学資金の積み立てに活用できるのだ、とお考えください。
投資信託も解約して受け取ったお金の使途は学資金に限らないのと、お金を受け取る時期に制限がありませんので汎用性があります。
ただ、海外の株や債券を買った運用差益(運用で出た利益)をお金に変える時、レートや手数料などで実際の金額より少なくなってしまう事もあります。
また、元本保証が無いのでこまめな見直しが必要です。
ちなみに、みなさまNISAという言葉はお聞きになった事はございますか?
こちらも投資信託の1つの方法です。
国としても、投資信託はお金を増やす方法のひとつとして考えているのかもしれませんね。

さて、以上が弊社FPに説明いただいた内容です。
みなさまならどの商品になさいますか?
ご興味などございましたら、是非ご相談ください。
リンクマネーセミナー
QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...