鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

脇田 奈実

自転車も車両

みなさまこんにちは。
業務管理部の脇田です。

先日出社の際に、私は家から最寄りの駅まで自転車で向かうのですが、見通しの悪い右方から高齢者が運転する自転車と接触してしまいました。
私は接触後踏ん張ったのですが(ガタイが良いのもありますが…)高齢者の方はそのまま後ろに転倒してしまいました。
幸い歩道だったので車の走行に影響は無く、高齢者の方と自転車を起こして、無事を確認してから再度駅へと向かいました。
会社に向かう電車の中では、自転車対自転車の事故判例を何度も確認しました。

既にご存知かもしれませんが、自転車は車両です。
本来自転車は原則道路の左側の車道を通ります。
「自転車歩道通行可」の標識がある場合や、小さい子どもや高齢者が運転する場合は歩道を走行することも可能ですが、十分な注意が必要です。
二人乗りも禁止、イヤホンをするのも禁止、スマートフォンなどの操作や傘差しなどの「ながら運転」も禁止です。
また、並走も禁止されています。
飲酒ももちろん禁止です。
また、小さい子どもを乗せる場合は、子供用のシートに乗せるか、6歳未満であればおんぶ紐であれば走行を認められています。抱っこ紐はダメです。
これらに違反すると、懲役刑もしくは罰金刑が科されます。
また、一定の危険な違反行為(信号無視、一時不停止、酒酔い運転等)をして3年以内に2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければなりません。

また別の日ですが、外でお昼を食べていた時のワイドショーで、自転車を運転していた女子大生が歩行者と衝突してしまい、歩行者の方はお亡くなりになってしまった件について取り上げていました。
その女子大生は片手にスマホ、もう片手にジュースを手にして、イヤホンをして走行していたそうです。
こういった様子目にする事多い気がします。
決して自転車事故は他人事ではないのです。
上のような死亡事故になった際の相手方への損害賠償は、自動車事故であれば自賠責保険と自動車保険でカバーできることもあります。
しかしながら、自転車は軽車両といっても自賠責保険も入っていませんし、自動車保険では補償されません。
その際に必要なのが「個人賠償責任保険」です。
最近ですと「自転車保険」というものが出てきておりますが、基本的には「個人賠償責任保険」と「傷害保険(ご自身のケガの補償)」がセットになっています。
また、多くの保険会社は個人賠償責任保険の保険金額が「1億円」や「無制限」ですが、それよりも少ない額の事もあります。
上のような死亡事故の場合、損害賠償請求額は数千万円にも及ぶ事から、しっかりと見合った保険金額でつける事が大事です。

またまた別の日、堀越さんとお話をしている際に、神奈川県が自転車保険を義務化する条例を年度内に制定する見込みである、という記事を見せていただきました。
近年の自転車事故増加と加害者側への多額の損害賠償請求事例が相次いでいることを鑑みての方針だそうです。
同様の条例は既に県内では相模原市が取り組んでおり、個人賠償責任保険の加入義務だけでなく、自転車小売業者への保険加入有無のヒアリングや、自転車利用者へのヘルメット着用も義務化しています。これらは条例なので罰則規定はありません。

しかしながら今は県をあげて自転車利用者へのルール徹底と適切な保険加入は義務付けられる方向へ進んでいます。
みなさまもこれを機に今一度、ご自身やご家族方のルール遵守やご加入の補償内容を見直してみてください。
BCC88872-F793-4BE3-9807-D274BB3116DE

夏真っ盛り

みなさまこんにちは。
業務管理部の脇田です。

暑い日が続いていますね。
10年以上前と比べれば猛暑日の数は2倍以上になっているとか。。
連日のように熱中症による死亡のニュースを目にするたびに異常気象である事を実感させられます。
みなさまも何卒お体ご自愛くださいませ。

一方で夏になるとイベントが目白押しですね!
我が家も毎週末は夏祭りやらプールやらで大忙しです!
そして、昨日7月24日は鎌倉の花火大会でした。

ところでみなさま、花火大会にかける保険がある事をご存知でいらっしゃいますでしょうか。
雨や自然現象によるイベント中止のリスク。
来場者のケガのリスク。
運営側の方々のケガのリスク。
出店で出される提供物の食中毒などのリスク。
観覧場所や近隣住宅に花火の火の粉が降って来た際などのリスク。
そのようなリスクに備えるための保険があります。
来場者の方も運営側関係者の方も近隣の住民の方も安心できるようなイベントになるよう、我々も全力で取り組んでおります!


D44E6C61-42DB-43C9-8EE2-0744C7B0C385

※この写真は鎌倉花火大会とは関係がございません。

マネープランセミナー

みなさん、こんにちは!
業務管理部の脇田です。

関東も梅雨入りし、まちのあちらこちらに咲くあじさいの色が映える季節になりました。
鎌倉はこれからが散策のシーズンとなりますので、是非足を運んで見てくださいね。

さて、先週弊社FPと東京海上日動あんしん生命のLP(ライフプランナー)の女性向け合同セミナーを開催しました。
私は所用で赴く事が出来なかったのですが、FPの予行練習をしている様子を見させていただきました。
当日はいかにお金を蓄えるか、そして殖やすか、という事をFPの経験なども面白おかしく交えながら話をしたそうです。
今回女性向けという事で、女性はライフイベントに大きく左右されやすい事もあり、自分のため・パートナーのために、その時に応じたマネープランを選定する事がカギとなってくるでしょう。
そのための知識を得るためにも、弊社FPに何でもご相談ください。
弊社FPは一人ひとりプライドを持ちながら自身のライフプランを持っており、お金にまつわる成功例・失敗例ももちろんあります。
みなさまの中に、もし実際に失敗してしまっていた方がいらっしゃったとしても、そこから抜け出す経験をもっているかもしれません。
みなさまの抱えている漠然としたお金への不安や迷いを是非お聞かせいただきたいと思います。

高座のこころ

こんにちは!
業務管理部の脇田です。

ここ数日暑い日が続いていますね。
明日からはぐずついた天気になるとのこと。
体調管理には気をつけたいところです。

さて、今相模線でこのような広告を見るようになりました、
6CA94891-90C0-4DA9-9457-9F99060F9EB8


何の広告かよく分からず検索。
https://kozanokokoro-samukawa.kanagawa.jp/

私は物心ついた頃から寒川に住んでいますが、本当に寒川大好きなんです!
ちょっとした公園も神社やお寺も、四季折々の姿もとても気に入っています。

そんな地域に貢献するために始めたのがこちら。
43ACBB95-359F-4F58-9EFB-6CBFE39CC011


町政や公共施設に関するアンケートに答える、というものでした。
このお陰で町の広報もよく見るようになりましたし、まだこの事業が始まって1年しか経っていませんが、将来的にこのアンケートの意見が反映されていってほしいなと願っています。

ここ湘南は歴史や風土などアイデンティティを感じやすい地だと思いますが、みなさんは自分の住んでいる土地や人にどれほどの愛情を注いでいらっしゃいますか???

会社の福利厚生制度、どんなものがあるかご存知ですか?

こんにちは。
業務管理部の脇田です。

久しぶりになってしまったので簡単にご挨拶を。
業務管理部の脇田 奈実と申します。
2010年にリンクコンサルティングへ入社。
昨年2017年に念願のFP2級を取得し、AFPになることが出来ました!
趣味は毎日ディズニーのHPを隅から隅まで見漁る事と、週末に1週間分の作り置きをする事。
特技はタイ語を少々と、だいたいのディズニー映画なら挿入歌や主題歌のイントロやセリフを覚えている事。
最近ハマっているものは、スープジャーランチです!
こんな私ですが、主に皆様と接する機会というのはお電話口でしか無いと思いますが、誠心誠意ご対応させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


さて、先日会社の福利厚生を利用して家族でいちご狩りに行ってきました。
20A52680-7752-4AA9-82AD-AE0F7826EE80

神奈川県でいちご狩りと言うと、津久井方面や海老名方面などは有名ですが、今回訪れたのは平塚でした。
平塚も129号線を1本奥に入るといちご園が沢山あります。
私が体験したのは40分7〜8種類食べ放題・練乳おかわりし放題のものでした。
子どもも主人もいちご狩り初体験でしたが、とても楽しんでくれたようです。
もし機会があればもう1〜2回くらい行きたいと思います!


さて、今回はいちご狩りでの福利厚生利用でしたが、皆様はご自分の会社の福利厚生制度を利用した事はありますか?
そもそも、どんな制度があるかご存知ですか?

私は数年前、息子を妊娠している時のつわりが重く、会社を数週間休まなくてはいけなくなってしまった事があります。
そういった時に会社で入っている任意保険からや健康保険から給付を受ける事が出来ました。
その他、慶弔金や各種事業や施設を割引料金で利用したりもします。
社内ではあざといと言われてしまうほどですが(^^;)(笑)
私の主人はそういった制度には疎く、申請をするのが恥ずかしい、申し訳ない、やり方が分からない、面倒だ、と思ってやりたがらない人なのですが、福利厚生制度は私たち勤労者に与えられた権利なので利用しない選択は無いと私は思っています。
ちょっと過激っぽくなってしまったかもしれませんが…。
この制度がより身近に、より活用しやすいものになると良いなと思って今回題材にさせていただきました。

ご自身の会社の福利厚生制度、今一度ご確認してみてください。
そしてぜひ活用してみてください。
ただ、使うだけでなく、この制度が仕事の糧や原動力とよりなって会社に還元出来ると良いなと思いました。
QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...