鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

リスクと保険

ハザードマップ

こんにちは。

FP事業部 山本藍子です。

7/31の日本経済新聞より。

みなさまはご自宅近くのハザードマップを確認したことはありますか?

今後も予断を許さない状況の中、リスクを事前に把握できるひとつの指標としてハザードマップがありますが、全国主要市区の約4割で改定が終わってないそうです。

原因は2つ。予算と、手続きが煩雑になっているとのこと。ひとつの河川で数千万かかるとか。

先月の九州豪雨では、死者78名、行方不明4名、重傷者7名と、日本列島に大きな爪痕を残しました(2020.7.30現在)

火災保険のご提案に伺うとお客様からよく「近くに川ないから大丈夫」「ハザードマップ見たけど、うちは大丈夫」と言われますが、今後もまた台風発生するでしょうし、こちらが事前にリスクを予測できるほど、自然は甘くなさそうです。

やはり火災保険の補償内容はどんなリスクにも対応できる「オールリスク」でご準備することがベストだと思いました。

リンクコンサルティングには、オールリスクに対応した火災保険のご準備が5社お取り扱いございます。何もない時に保険の内容を確認しつつ、一緒にお話ししながら、ベストな保険を選んでいきましょう!

また時節柄、感染拡大防止には万全を期しておりますが、zoomやフェイスタイムを活用したご案内も可能です。ご不安な方はお申し付けください。

58ADD67E-31B7-44A6-8EFC-9783F81138F9

いよいよ年末

皆様 こんにちは。
FPの澁谷です。

今日は29日、今年もあと3日となりました。
本年も大変お世話になりありがとうございました。

皆様はどんな年でしたか。
私は公私ともに怒涛のような忙しさで何が何だかわからないうちに1年経ってしまいました。
損保会社は2年連続で自然災害の保険金支払額が1兆円を超えたようです。
気象の激甚化により火災保険料は上げざる負えない状況が続きます。
弊社のお客様でも台風被害に遭われ年内に工事が完了できない方が沢山いらっしゃいます。
改めて心よりお見舞い申し上げます。

来年こそ良い年にしたいですね。
写真は各社のカレンダーです。
AIGと損保ジャパン日本興和は世界の風景です。
あんしん生命はキャラクターのセイメイ君が季節ごとにいろんな衣装で登場します。
日本生命はスヌーピー
セコムは東京オリンピックのキャラクター
オリックス生命はキャラクターのバク君がオリンピックの種目に挑戦してます。
カレンダーをパラパラめくりながら来年は今年より少しでもレベルアップできる年にしたいなと思いました。
一歩一歩づつしか進めませんがより皆様のお役に立てるFPを目指します。

では皆様良いお年をお迎えくださいませ。


BlogPaint


まずは逃げよう!!

こんにちはFPの澁谷です。
台風15号19号の被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

毎年のように台風による被害は増大し弊社でも今まで経験したことのない損害請求件数になりました。
何をどう考えていいものやらなのですが一番は自分の意識を変えることだと思いました。

地球温暖化の影響で台風や大雨のリスクは高まる一方です。
最近新聞などで多く目にするのが安全神話が崩れたという記事です。
何となく国や市町村や電力会社がちゃんと安全対策してくれてくれてるから大丈夫と思ってしまいがちです。
大丈夫なのが当たり前だろうという神話を信じてしまいがち。でも違いますよね。
理由は二つ、一つは防災対策の基準となる想定を超えた気象の変化、もう一つは完全にインフラを整備することは今後の財源を考えると不可能だということです。

人は自分の住んでる場所は安全だとか今までは無事だったとか思ってしまう【心のバイアス】が働きます。
まずは警報が出たら避難しましょう。

ちょっと別の話題です。
我が家には松の木があります。祖父の代からあるので樹齢は多分100年以上だと思います。
ずっと思い出なので切りたくないなと思ってました。
でももし台風で折れたらご近所にも迷惑がかかります。
そこで鎌倉消防署に行き 「この松は風速何メーターで倒れますか?」と相談しました。
しかし、そういったデータはないそうです。
次に鎌倉市役所に行き防災上の理由で伐採するよう市から指示されたり、伐採した場合に補助金が受けられたりする制度はありますかと相談しましたがないそうです。ブロック塀とかはありますよね。
悩みどころです。意識を変えて切らねばと考えてたら写真の倒木を見てしまいました。
台風による倒木


新聞記事ネタ

みなさま、こんにちは。
業務チーム 堀越です。
本年も何卒宜しくお願いいたします。

年明け1月1日の読売新聞に東京海上HD社長へインタビューした際の記事が掲載されておりました。
昨今の自然災害多発に伴い火災保険の収支が悪化しており、
2019年秋にも火災保険改定時の保険料について「平均5.5%超えの値上げが必要」と述べられていたそうです。
損害保険料率は損害保険料率算出機構で実際の損害率を基に参考純率を決めています。
その基準が上がった事もあります。

自然災害が多発している要因のひとつに地球温暖化が言われておりますが、
人間が引き起こした温暖化ですので、保険料上昇も致し方無いと考えてしまうのは私だけでしょうか。

また、1月5日の記事には浸水想定区域内に居住している住民が全国で3540万人、20年間で25%UPしたとありました。人口増加率のトップは神奈川県で17.4%、世帯数増加率は神奈川県4位といずれも上位でした。
神奈川県は都心へも近い為、浸水リスクが高いエリアの宅地化が進んでいる事が今回の要因との事です。
便利を追及する事は大賛成ですが痛みも伴うという事も忘れてはいけないなぁと感じました。

年明け早々、あまり楽しい話題ではなく申し訳ございません。
改めて身の回りのリスクに対して考える年始となりました。



異常気象

FP事業部 津田でございます。

梅雨が明けてしまいましたね!
関東甲信越地方の6月の梅雨明けは初めての事なんですね。
外出がある身としては汗かきの季節。キツイ時期です。

最近は風も強く、風災事故が起こっております。
強風でドアが自宅壁にぶつかり凹んだり対象事故も多々あります。

そんな中 地震の発生確率の見直しが入りました。
関東は真っ赤!来年の地震保険保険料改定も頷けます。
入ってて良かった地震保険。一度検討されてはいかがでしょうか?
リンクコンサルティングでは地域の皆様に「必要な補償を」「的確にご案内」することをモットーに、現在は地震保険の普及に努めております!

地震発生確率と震度予測マップ[2018年版]
https://www.teguchi.info/disaster-control/earthquake-hazard-map/
上記サイトより関東地方の地震確率 なんと千葉県千葉市は全国一確立が高く85%!!
地震確率分布図
QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...