鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

不動産

大きなイベントが日本を変える

経営企画部の鹿子島です。

先日、FP継続教育で、不動産に絡むセミナーに参加してきました。
※これで資格更新に必要な30単位を獲得し、CFPを2年間継続できました!

セミナー内容自体も勉強になったのですが、
それよりも制度や物事の背景や歴史を知ると面白いし、大切だなと改めて思いました。

マンション

たとえば、今、古くなった「マンションの建て替え問題」が良くニュースになります。

マンションの建替えには、
・議決権の4/5以上の多数決がいる
・お金が必要だが入居者は高齢者ばかり
など問題が多くなかなか進まない。というのはありがちな話。

でも私が注目したのは、
「区分所有法」という分譲マンション建ててもいいよ!
っていう法律ができたのが昭和37年というところ。

なぜ昭和37年かというと、
・昭和37年当時は、関東大震災の影響で東京は三階建てが最高だった。 
そのため、
・昭和39年は東京オリンピックの開催もあり、首都圏の住宅が不足していたから。

で、法律を急いで作ったんですね。
そして、日本第一号のマンションが出来たのが昭和38年。そこからワンサカと。

計算すると、昭和91年(平成28年)-昭和38年=「53年経過」していることが分かります。
マンションの耐用年数が30年とか50年とか言われているため、最近マンション建て替え問題が多くなったんですね。

また昭和43年に公布された「都市計画法」は、昭和45年に開催される大阪万博に向けて、急速に近代化する日本の経済状況への対応が主な目的だったようです。

そんな感じで、(まだ生まれてませんが・・・)
・昭和39年の東京オリンピック
・昭和45年の大阪万博
 
の日本の大きなイベントは法律や制度に大きな影響を与えているんですねー。

ほかにも、
・1964年(昭和39) 新潟地震 ⇒ 地震保険スタート(昭和41年)
・1978年(昭和53) 宮城県沖地震 ⇒ 新耐震基準スタート(地震保険割引10%)
・1995年(平成7)  兵庫県南部地震 ⇒ 住宅品質確保法(平成11年)
地震は火災保険や建物の法律・制度に影響を受けていることが分かります。


そして2020年は東京オリンピックというビックイベント。
日本が前向きに変われるような法律・制度が出来るといいですね!


鹿子島

不動産

FP事業部 津田です。

私事ですが引越ししました!

物件の検索からローンの選定、火災保険etc 自社でもろもろ試算可能でした。
不動産の契約には物件価格以外にさまざまな諸費用がかかります。
例えば…
①売買での仲介手数料
②銀行でお金を借りるときの事務手数料
③同じく保証料
④登記費用
⑤火災保険保険料
⑥その他(印紙や公的書類など)
どこでローンを組むかにより上記も異なります。

不動産価格だけではなく購入時のその他費用やその後の修繕費、必要物の購入などさまざまかかります。

保険だけでなくローン、その他費用の算出などFPに相談!と言うご紹介も増えております。
さまざまなご相談に対応出来るリンクコンサルティングにぜひお声かけを。

IMG_6960家近で撮影

住まいのFP相談室 湘南店 を運営しています


最近では、住宅ローン金利が固定金利・変動金利ともかなり低く、
住宅ローンの借換えをすれば節約効果のあるご家庭が増えてきています。
 ※人によっては数百万円単位で!

でも、
「住宅ローンの相談ってどこにすれば良いの?」
「借換えをすればどれくらい効果があるの?」


そんな住宅ローンの相談にお答えするべくリンクコンサルティングでは、
住まいのFP相談室 湘南店」 の運営を開始いたしました。
 ※「住まいのFP相談室」グループのHPはこちらから


しかし、ただ単に借換えの相談をするだけではありません!!


ライフイベントや家計状況を把握して、
 ・借換え後の住宅ローンはどのような形(変動金利・固定金利・返済期間等)が良いのか?
 ・借換え後の住宅ローンの返済計画は?
 ・家計見直しによる、住宅ローン以外の固定費削減(主に生命・損害保険)

等の、総合コンサルティング相談になります。


詳細は『チラシ』をご覧頂き、相談ご希望の方は電話・弊社HPのお問合わせよりご連絡下さい。
リンクマネーセミナー
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール