鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

ファイナンシャルプランニング

季節の変化に時代の変化、自分も変わる?

FP事業部 津田です。

 

早いもので10月になりました。今年も残すところ…と言う季節ですね。

いつもですと所属する鎌倉商工会議所の事業で季節を感じるのですが
今年は新型コロナウィルスの影響でイベント事はほぼ中止。
半年平坦な時間と感じておりました。

涼しくというより寒さを感じる今日この頃ですが体調崩されておりませんか??

*私は先日、急性胃腸炎で救急車に乗ってしました(トホホ)

 

10月と言えば色々と変わったものがありますね。

たばこや第3のビールの値上げなど大きな話題となっております。
私は10年前の値上げの時にたばこは止めたので問題ございません。
(ビールは好きで止められませんが!)

少しでも節約の気持ちは必要かもしれません。
しかしながら過剰在庫や自宅の場所を無駄に使うことなど考えるといかがなものかとも思います。
ライフスタイルや時世の変化に合わせ自身の変化が求められますね。

 

リモートワークなど環境の変化に順応することも必要ですし、
経済状況の変化に対応するマインド、行動を培う事が今後ますます求められる時代です。

まず私は身体の変化を認識に年相応の変化をしていきたいと思います!

楽しく食事、適度な運動、健康に気を付けながら楽しみます!
beer

ハザードマップ

こんにちは。

FP事業部 山本藍子です。

7/31の日本経済新聞より。

みなさまはご自宅近くのハザードマップを確認したことはありますか?

今後も予断を許さない状況の中、リスクを事前に把握できるひとつの指標としてハザードマップがありますが、全国主要市区の約4割で改定が終わってないそうです。

原因は2つ。予算と、手続きが煩雑になっているとのこと。ひとつの河川で数千万かかるとか。

先月の九州豪雨では、死者78名、行方不明4名、重傷者7名と、日本列島に大きな爪痕を残しました(2020.7.30現在)

火災保険のご提案に伺うとお客様からよく「近くに川ないから大丈夫」「ハザードマップ見たけど、うちは大丈夫」と言われますが、今後もまた台風発生するでしょうし、こちらが事前にリスクを予測できるほど、自然は甘くなさそうです。

やはり火災保険の補償内容はどんなリスクにも対応できる「オールリスク」でご準備することがベストだと思いました。

リンクコンサルティングには、オールリスクに対応した火災保険のご準備が5社お取り扱いございます。何もない時に保険の内容を確認しつつ、一緒にお話ししながら、ベストな保険を選んでいきましょう!

また時節柄、感染拡大防止には万全を期しておりますが、zoomやフェイスタイムを活用したご案内も可能です。ご不安な方はお申し付けください。

58ADD67E-31B7-44A6-8EFC-9783F81138F9

新しい働き方

FP事業部津田です。

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う緊急事態宣言は良くも悪くも働き方改革となりましたね。弊社でも在宅勤務を取り入れてみたり、WEB会議システムによるミーティングなど試みた2ヶ月でした。

 

個人的な感想としては仕事が捗ったり、捗らなかったり・・・

データメイクなど作業的なものは集中して行えるので在宅の方が仕事も進み、次のデータやこんな資料があったら良いななど良い面がありました。また通勤時間なども削減されましたので普段より家事が出来たりと、メリットも!

 

仕事柄FPの業務はお客様とお会いし、会話し、表情を見てなど、電話では伝わらない事もあり戸惑う事もありました。保険会社もWEB会議システムを開放し対面に近い形でご案内が出来るようになったのは進歩だと思いましたが、なかなか変化を受け入れられない自分がいます。また、子供の「今日休み!?何して遊ぶ!?」攻撃には参りましたね。

 

保険の加入チャネルについて調べてみたのですが、平成30年で営業職員さんから加入が53.7%、代理店からが17.8%、ネットなど通販が6.5%と出ておりました。今年の数字はおそらくネットなどが飛躍するのでは?と思いつつ、なおさら我々のような地域密着のFPの重要性が高まり、かつ自らレベルアップすれば存在価値があるのでは?と思う今日この頃です。

変化に柔軟に対応しつつ、進化し続けられる会社となるよう頑張ります!!
zaitaku

クレヨンの色の名前

皆様こんにちは!!

FPの澁谷です。
コロナ自粛も少しずつ緩和され今日は大船仲通もずいぶんと賑やかです。

突然ですが写真の紙の上のクレヨンの色は何色ですか?
①肌色
②ペールオレンジ
BlogPaint

正解は②です。
弊社面談室のキッズコーナーに設置しているクレヨンにも【うすだいだい】と表記されています。
名称が①から②に変わったのは1990年代の終わりだそうです。
だから凡そ20歳以上の人は①の名称を使ってるかもしれません。
何の話かといいますと・・・米国の人種差別反対運動です。
私たち日本人は圧倒的に他の国の人々に触れ合う機会が。少ないですよね。
だから差別してしまうことになる言葉にも鈍感かもしれません。
このクレヨンを肌色と言ってしまうことが差別なんですね。

私は気が付いていませんでした。反省。
最近になって数人の外国にルーツを持つお客様にお会いしました。
思わぬ言葉で傷つけてはいないかと心配になりました。
気が付いたことは皆で共有していけたらいいですね



景気にコロナに年度末

FP事業部 津田です。

 

年度末で皆さん忙しい時期かと思いますが、新型コロナウィルスの影響で国内はもとより世界的に激震が走っています。

 

リンクがある鎌倉でも小町通りなど人もまばらとなり、イベントなども自粛、地域経済への影響も出ている状況です。また小中学生のいる家庭(私もそうですが)急に休校となり子供のお昼の心配やら出ております。

 

群集心理が働きマスク、ペーパー類の争奪戦など異常事態になっている感じですね。

 

思い出すのは9年前の東日本大震災。

当時子供が幼くオムツを買いにドラッグストアに行ったところ、回りの方が「子供がいるから」と、レジの順番を譲ってくださったり、ペーパーは?など多くの言葉をいただいたことを思い出します。

 

今必要なのは冷静さ。他人を思いやる気持ちかもしれません。

 

仕事の面では金融商品を取り扱っておりますので、ご不安な点も出ている方もいらっしゃるかと思います。

じっくりコツコツ、上下しながら成長するのが経済だと思っております。

一喜一憂ではなくじっくり腰を据えて長期的な視野で向き合っていければと思います。1

QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...