鎌倉・湘南地域で活動するFP会社のブログ(リンク日誌)

鎌倉・湘南地域を中心に活動するFP事務所「有限会社リンクコンサルティング」のスタッフブログです。

ファイナンシャルプランニング

まずは逃げよう!!

こんにちはFPの澁谷です。
台風15号19号の被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

毎年のように台風による被害は増大し弊社でも今まで経験したことのない損害請求件数になりました。
何をどう考えていいものやらなのですが一番は自分の意識を変えることだと思いました。

地球温暖化の影響で台風や大雨のリスクは高まる一方です。
最近新聞などで多く目にするのが安全神話が崩れたという記事です。
何となく国や市町村や電力会社がちゃんと安全対策してくれてくれてるから大丈夫と思ってしまいがちです。
大丈夫なのが当たり前だろうという神話を信じてしまいがち。でも違いますよね。
理由は二つ、一つは防災対策の基準となる想定を超えた気象の変化、もう一つは完全にインフラを整備することは今後の財源を考えると不可能だということです。

人は自分の住んでる場所は安全だとか今までは無事だったとか思ってしまう【心のバイアス】が働きます。
まずは警報が出たら避難しましょう。

ちょっと別の話題です。
我が家には松の木があります。祖父の代からあるので樹齢は多分100年以上だと思います。
ずっと思い出なので切りたくないなと思ってました。
でももし台風で折れたらご近所にも迷惑がかかります。
そこで鎌倉消防署に行き 「この松は風速何メーターで倒れますか?」と相談しました。
しかし、そういったデータはないそうです。
次に鎌倉市役所に行き防災上の理由で伐採するよう市から指示されたり、伐採した場合に補助金が受けられたりする制度はありますかと相談しましたがないそうです。ブロック塀とかはありますよね。
悩みどころです。意識を変えて切らねばと考えてたら写真の倒木を見てしまいました。
台風による倒木


今老後のためにできること

皆様こんにちは
FPの澁谷です。

夏真っ盛り 連日猛暑ですね!

今話題の老後資金2000万円問題を皆様はどう感じていますか?
意外と「それくらいは必要なんだろうなぁ」と思っている方が多いのではないでしょうか?
まず第一歩として、2000万円必要なのかを検証しましょう。
つまり自分が退職後にいくらあったら暮らしていけるのか?どんな生活をしたくていくらかかるのか?
それを算出しないと必要資金はわかりません。
そこで私は家計簿をつけ始めました。
正直 超超超めんどくさい・・・びっくりするほど細々支出しています。
家計簿をつけるのが面倒だから買い物しないという節約モードになりつつあります。
秋には老後の必要生活資金がわかるはずです。
またご報告しますね。
写真は我が家の家庭菜園の収穫です。
今年は長雨から急な猛暑で生育はイマイチです。
これも老後のための自助努力の一つ。技術をあげて年間収穫量アップを目指します。BlogPaint

イデコ

FP事業部津田です。

最近またイデコの取り扱いについての話題が出ておりました。

2017年に対象者の拡大が行われたのは記憶に新しいことですが、今後企業型の確定拠出型年金に加入している方も個人型の追加が出来るようになるようです。

老後2000万円問題などニュースでも耳にするかと思います。効果的に積立をするのはとても良いことかと個人的には思っております。まずは何の目的で積立をするのか、自身にとってどの金融商品があっているのか、相談してみてはいかがでしょうか?

M銀行さんのホームページにイデコの漫画が載っておりました。目で見て理解するのも良いかもしれません。

マンガでわかるiDeCo

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/ideco/about/pdf/comic.pdf

 

マンガでわかるiDeCo(個人型確定拠出年金)運用編

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/ideco/about/pdf/comic_unyo.pdf

 

注意事項など

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/ideco/about/comic.html
money_tokyo_syouken_torihiki

春の絹張山

皆様 こんにちは
FPの澁谷です。
桜の開花宣言がされたとたんに寒いですね。

私は日々、沢山のお客様のライフプランニングや生涯キャッシュフローを作成しています。
本当に10人十色。
何が人生の最優先事項なのか・何が喜びかは全く違います。
FPですから金銭的な目標を達成するためのお手伝いをするのですが最近ちょっと感じていることを書きます。
だんだん金銭的な目標にこだわらないお客様が増えている気がします。
よく物消費の時代からコト消費の時代への変革が起きていると言われますよね。
高い車を買うとか豪華な旅行に行くより、ゆったりした時間を過ごしたいといった感覚でしょうか。
そこで私もゆったりハイキングしてみました。
名越えの切り通しからハイランドに上がり巡礼古道をたどり報告寺。
帰りは平成巡礼道から絹張り山。
絹張り山から鎌倉を見下ろすと海が広々と見え気持ちがいいですよ。
津波を想像するとちょっと恐いけど。
視点と時間の流れ方を変えることも大切だなと感じました。
絹張り山風景


フィデューシャリー・デューティー

FP事業部 津田です。

だいぶ暖かくなり花粉症の私にはキツイ季節となりました。
お会いした時に顔が腫れているのは飲みすぎではなく花粉のせいです。

近年、フィディーシャリー・デューティーと言う言葉を金融機関から聞く機会が増えています。
簡単に言うと『顧客本位の業務運営』をしないさいと言うことです。
詳しくは書きませんが下記のようなことです。
https://www.nttcoms.com/service/nps/column/20180206/

基本原則に沿った活動が出来るよう考えなければ思う今日この頃なのですが
最近取引先と話をしていたところ、あまりにも逆行した提案を受けたのビックリしました。
AIの活用などで金融機関も変革の時期となっております。
今、我々が何をしなければならないのか、どのように動くべきなのか見直すチャンスかもしれません。

3年前に鎌倉商工会議所青年部のビジネスセミナーにご登壇いただいた元鎌倉投信の新井和宏さんの著書『持続可能な資本主義』を読んでいます。
色々なヒントがあり非常に興味深いです。
お勧めの一冊です!
WTBRE1520
QRコード
QRコード
プロフィール

有限会社リンクコン...